本文へスキップ

あなたの暮らしをサポートします(不動産管理、売買、賃貸、仲介、企業コンサルティング、住宅リフォームの企画、立案施工)

〒736-0082   広島市安芸区船越南二丁目18番18号
電話082-822-3503 FAX082-823-7712

家のメンテナンスのおすすめ周期

住宅は必ず一定の周期でメンテナンスが必要になり、怠ると美観を損ねて

しまうばかりか、住まいの耐久性や使い勝手に支障が出てきます。

 しかし多くの人が適切なメンテナンス時期をご存知ありません。

そこで、標準的なメンテナンス時期をまとめてみました。

 

●メンテナンスは5年単位が周期!?

 住宅のメンテナンスは、およそ5年単位でやってきます。

箇所によって、5年ごと、10年ごと、15年ごと長短様々です。

 

510年の間に必要なメンテナンス

 屋根や外壁は普段見えない箇所なので、5年~10年の間に傷や痛みがないか

チェックしておくとよいです。

 外部の木部と鉄部の塗替えは5年ごと、床下の防蟻処理は5年~10年保証が一般的です。

住宅内部においては、水栓のパッキンなどの劣化が考えられますので、早めにメンテナンスを考えましょう。

 

1020年の間に必要なメンテナンス

 10年過ぎると、サッシやシャッターを含めた外装に不具合や劣化が出てきます。

外壁・屋根バルコニーにおいては、直射日光が当たる場所が多いので傷みも早く、

コーキングの打ち替えや屋根の塗り替え、バルコニーの防水といったところのメンテナンスが必要になってきます。

 内装もビニールクロスやフローリングは1015年ぐらいで劣化が目立ってきますし、

設備機器はおおむね1520年程度が取替時期となります。

また、畳の部屋がある場合は、畳の交換・張替え時です。

 

2030年の間に必要なメンテナンス

 外装の塗り替えやサイディング、屋根の塗り替えなどメンテナンスが必要になる時期です。内装もユニットバスやキッチンの交換など大きめなメンテナンスが必要となります。

 

〈各メンテナンスについて「サポート」では無料でご相談・見積もりに応じています。〉



newpage72.htmlへのリンク